法解釈論議の動向に巻き込まれた決済サービス

かつてオンラインカジノユーザーの多くがお世話になったネッテラー。
まだまだ記憶に新しいという人も多ければ、戻ってこないのかと期待している人もいるのではないでしょうか。

既にネッテラーに代わる送金サービスとしてエコペイズやアイウォレットが存在を確立していますので、実際には困っていないというユーザーが多いかと思います。
一方で、かつてお世話になった送金サービスが今現在どうなっているのかについて、気になっているユーザーも多いのではないでしょうか。

ネッテラーは国内に戻ってきている

ネッテラーは日本企業ではありません。
そのため、オンラインカジノで利用していたのも、ネッテラーがオンラインカジノに対応している送金サービスで、利益を手元にまで届けるための手段として活用することができたからこそでした。

しかし、ネッテラーは日本市場から急遽撤退。
途方に暮れたユーザーもいるかと思いますが、その一方で他のサービスも登場しましたので、すっかりネッテラーのことを忘れたというユーザーがいても不思議ではありません。
ところが、そんなネッテラーは実は日本市場に戻ってきています。

「なぜ?」と思う人も多いことでしょう。
戻ってきているのであればオンラインカジノの際、かつてのようにお世話になろうかなと思う人もいるかもしれませんが、ネッテラーは日本市場には戻ってきているのですがオンラインカジノの送金サービスは行っていません。

一般的な送金サービス業者として日本市場に戻ってきただけであって、残念ながらオンラインカジノに関しての業務は行っていません。
しかし、ネッテラーのこの姿勢が今まで「謎」とされてきたネッテラーの日本市場からの撤退の答えなのではないかともささやかれています。

オンラインカジノ業務は行わないけど戻ってきたネッテラー

慣れ親しんだ日本市場に戻ってきたネッテラー。
しかし、オンラインカジノに関してのサービスは行わないとのこと。
実はここに、ネッテラーが日本市場から撤退した理由が隠されているのではないかと囁かれています。
実際、当初から囁かれていたことではあるのですが、ネッテラーが撤退する直前、日本人オンラインカジノユーザーが逮捕されるという事件が起きました。

それまで、オンラインカジノは違法か合法かで様々な議論が繰り広げられていました。
日本国内の法律ではカジノは禁止されていますが、オンラインカジノの場合、「日本」という枠組みではありません。
ましてやオンラインカジノを運営している企業は海外で、且つカジノが合法の国ばかり。

また、インターネット上の法解釈として、「サーバーが置かれている国の法律に準拠する」が定説となっていたことから、オンラインカジノはカジノが豪放な国のサーバーに置かれていれば問題ないとの解釈もありました。

しかし、日本人オンラインカジノユーザーが日本の警察に逮捕されたことで「黒だった」との風潮が広まると共に、ほぼ同じタイミングでネッテラーは日本市場から撤退してしまいました。

奇しくも逮捕がその後のオンラインカジノの盛り上がりを生んだ

しかし、その逮捕がオンラインカジノのその後の盛り上がりを生んだといっても過言ではありません。
なぜなら、逮捕されたものの、起訴にまでは至りませんでした
嫌疑不十分とのことで、不起訴となったのです。
つまり、オンラインカジノは日本では「起訴にまでは至らない物」と、警察自らがボーダーラインを引くに至ったのです。

結果、それまで「どちらなのか分からないから」と躊躇していた業者も、いわば「セーフ」であることが分かったのでオンラインカジノ市場が盛り上がりを見せるようになりました。
ネッテラーの撤退によって送金サービスがなくなってしまい、どうなるのかと不安に思っていたユーザーの前にはエコペイズやアイウォレットといった、ネッテラーに代わる新しい送金サービスも登場しましたので、もはやネッテラーを恋しく思っているユーザーは少数派でしょう。

日本市場に戻ってきた理由とは?

ではなぜ日本市場に戻ってきたのか。
さらにはオンラインカジノを取り扱わないのに日本市場に戻ってきた理由として、送金サービスの需要は今後、増えることが予想されています。
仮想通貨など、送金サービスは広がりを見せていますので、世界的に見ても大きな市場である日本で、オンラインカジノ以外の業務を行おうとの気持ちがあるのでしょう。
「ネッテラーが日本市場に戻ってきた」と聞けば古参ユーザーは嬉しいかもしれませんが、オンラインカジノで利用できるわけではないので、実際にはそこまで大きな影響はないのかもしれません。

まとめ

国内に於けるオンラインカジノ創成期を支えたネッテラー。
撤退してしまったことは残念ではありますが、国内に戻ってきたネッテラーはオンラインカジノに関しての業務を行っていませんので、懐かしい存在ではあっても、送金サービスとして活用するほどではないと多くのユーザーが感じているのではないでしょうか。