エコペイズとネッテラーの決定的な違い

オンラインカジノ御用達となっていたネッテラーは、日本からの撤退を決め、2016年には使えなくなりました。新しいサービスとしてエコペイズの人気が高まってきた理由としては、そのサービスがネッテラーに似ていることと使いやすさからでした。しかし実際にはネッテラーとは異なる部分が多く、足りないとされる要素も結構あります。

国内で入金する手段が少ない

ネッテラーは、専用のサービスを使えば国内の銀行口座からも入れることが可能でした。クイックバンクトランスファーと呼ばれる制度は、ネッテラーが日本のユーザーを集めることに成功した理由であり、国内の銀行口座を使ってもネッテラーに入れることは可能でした。しかしエコペイズにはクイックバンクトランスファーがありませんので、日本の口座から直接入れることはできず、大半がクレジットカードを経由しての入金になります。
国内の口座でも、一応外貨を入れられるものは対応できるのですが、エコペイズが対応していなかったり、接続する方法がなかったりと、結果的に入金する手段は少ないのです。ネッテラーはとにかく簡単で、入れることが容易、更には出すのも簡単にできていましたが、エコペイズはそれが難しくなっています。

オンラインカジノとの提携が少ない

慌ててオンラインカジノ側も変更したことにより、分散したことが逆に問題となりました。これまで大半がネッテラーとされていたオンラインカジノで、結果的に入出金サービスは分散しました。エコペイズを利用するオンラインカジノはそこまで多くないのです。これまでと違い、大半のオンラインカジノが使えるネッテラーがあれば、どこでも遊べるというわけではありません。現在は遊べる範囲が限定されています。
系列で契約しているならいいものの、個別に契約しているオンラインカジノの場合、他のサービスと契約した場合もあります。アイウォレットを使っているオンラインカジノがあるのはそのためです。エコペイズではできないオンラインカジノも増えており、色々なオンラインカジノを楽しむことは難しくなりました。

プラスとなるサービスもない

エコペイズは、固いサービスを提供している傾向があり、サービス精神はそこまでよくありません。ネッテラーはポイント制度を採用して、少しだけサービスを面白くしていましたが、エコペイズにはありません。ポイント制度を今後導入する可能性はありますが、それは相当後になることと思われます。